24-07-2017
04:46 pm
=

イーサリアム試作へイギリス政府が£248kを授与




salary

イーサリアムを利用して国際決算ツールを開発中のスタートアップ企業へと、イギリス政府は£248kを授与した。

2007年に設立以来、イギリス改革局は投資と資金提供を通し、発明の導入へと力を尽くす政府外公共事務所である。

インタビューにて、トラモネックス(Tramonex)の共同設立者でCEOであるアミネ・ベラオウイ氏は、自身の企業が更なる国境間ブロックチェーン媒体を開発する為に資金を利用すると述べた。ロンドン拠点のトラモネックスは、45ヵ国での国境間送金を既に提供している。

ベラオウイ氏はコインデスクへと述べた。

「当社の試作では既に高度に達しており、これは本技術の異なる取り扱い方法を模索する事だと言った方が良いでしょう。次に商業顧客を発展させます。」

合意に基づく水準基標の取得での当社の進展次第で、本授与は4半期ベースでトラモネックスへと配布される。

本試作は認証を受ける為に、イギリスの主要金融監督官である金融行動監視機構とその他の未公開規定者へと、完了した際に提出される。

ブロックチェーン拡大

2013年に設立したトレモネックスは、ドイツ銀行の国際取引事業への旧最高業務責任者であるベラオウイ氏と、過去にゴールドマン・サックス(Goldman Sucks)へ勤務したマーク・アベディシアン氏によって経営されている。

最近では、トレモネックスはビットコイン・スタートアップ企業のサークル(Circle)によって獲得された様な、電子マネー免許への申請段階である。ベラオウイ氏は全ての進行へと4ヶ月かかると予測している。

ベラオウイ氏は、本企業は既に申請へと予期する顧客と話し合っていると追加したが、しかし企業名は明らかにしなかった。

トラモネックスは取引の経費を「大幅に」削減する為に、中小企業へと更に安価な国際取引サービスを作成しつつ、新規ブロックチェーン試作を予想している。

それに加え、ベラオウイ氏はブロックチェーン・ソリューションの発展を目指す事への恩恵だと、本企業の規定状態を示した。

「現時点では、殆どのビットコインと暗号通貨企業は規定外経営を行っている為に、当社はヨーロッパ圏の企業の援助へと規制企業として我々の経験を活用したいと思っております。」とベラオウイ氏は述べた。

実現には全体での取り組みが必要

イギリス政府からの資金授与は、近年のヨーロッパで登場した国境のない国際取引へと焦点を合てた計画の跡を追っている。

1994年からヨーロッパ経済界のメンバーは、ノルウェイ、アイスランドとリヒテンシュタイン等のヨーロッパ加盟国へ、「パスポーティング」と称する各国の金融免許を所持する。去年の11月には、ビットコイン・ブロックチェーンを利用して国境間取引への独自の送金概念実証の試験をビサ・ヨーロッパが行う為に、インフラストラクチャーが基盤を築いた。

しかし、トラモネックスへの£248kの授与は大きな努力による物だ。4月には、イギリス改革局はこれからの12ヶ月間に£561mの投資を委託し、イギリス拠点企業の援助へと更に集中した取り組みを導入する。

記事:マイケル・デ・カスティロ

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
boots
ビットコイン開発者がセグリゲーテッド・ウィットネスへの計画準備に力を入れて取り組み中

ニコラス・ドリアー氏はNビットコイン(NBitcoin)という、NETフレームワークへの総合的ビットコイン・ライブラリの背景での主要開発者である。Nビットコインはライケ(Lykke)、ビット・コン(BitKong)、チームブレラ(Teambrella)、BTCトレーダー等、数々のビットコイン・サービスのバックエンドに利用されている。 最近では、ドリアー氏は個人用ウォレットや取引、そしてその他ビットコイン関連サービスでの向上へと、今後公開するセグリゲーテッド・ウィットネス(SegregatedWitness/SegWit)の実施を志す開発者を支援する為の、様々な計画に取り組んでいる。ビットコイン・コア(Bitcoin Core)への貢献者でもあるドリアー氏は、Nビットコインのセグウィットの使用方法を紹介する為にビットコインのプログラミングについての著書を更新し、そしてチェックトクス(checktx)やチェックスクリプト(checkscript)等の数々の開発者ツールを、セグ・ウィット取引がどの様に機能するかを開発者がより良く理解する為の援助へと発表した。 これらの開発者資料へのドリアー氏の開発でおそらく更に重要なのは、NビットコインとビットコインJ(bitcoinj)でセグ・ウィットを実装した事だ。ビットコイン・マガジンとの最近のインタビューで、ドリアー氏はセグリゲーテッド・ウィットネスと、それがビットコイン・エコシステムにどう影響を与えるかについての考えを共有した。 ビットコイン・サービスでのセグ・ウィット導入についての思考 多くはセグリゲーテッド・ウィットネスは、ウォレットやその他ビットコイン・サービスへの実装が難しい複雑なコードの集合体だと言うが、しかしドリアー氏はその様な見方をしていない。このビットコイン進歩の実行は一週間もかかる筈がないと言う、ビットコイン・コアの貢献者であるエリック・ロムブロゾ氏にNビットコインの開発者は賛成している。ドリアー氏が説明した。 「利用者の殆どはコイン(Coin)、スクリプ・コイン(Scrip Coin)、トランザクション・ビルダー(Transaction Builder)の系列と共に、ビットコイン・ロウ・トランザクション・プログラムへと抽象概念を利用しています。これは通常のP2PKH や P2SH支払いと類似しているので、プログラマーはセグ・ウィットがどの様にして機能するのかを知る必要がありません。」 更にドリアー氏は、全てのビットコイン利用者がセグ・ウィット取引の利用開始をする為には、どの程度かかるのかについての下記の思考を共有した。 「全ての技術的向上と共に、導入はS字曲線を描くでしょう。2年以内には90%の導入に達すると予想します。この時期の更なる金融と技術インセンティブの活動を除き、P2SHが大幅に援助される事へとどれだけの時間がかかるかを比較する事が出来るでしょう。」 ビットコインJとNビットコインはセグ・ウィットへ準備が出来ている ドリアー氏はNビットコインとビットコインJへのセグ・ウィットを実施したが、ビットコインJでの変更は未だに有効化されていない。1月にNビットコインはセグ・ウィットからの援助を受けたが、ビットコインJの管理者であるアンドレアス・スチルドバック氏(現在ブロク(Bloq)から取り組みを後援されている)は、コードが更に深く発展する事を待つと希望している。ドリアー氏はビットコイン・マガジンへと述べた。 「人々が親しみ、重要なビットコイン・コアでの実施へNビットコインだけではなくセグ・ウィットにとっても価値のある意見を述べる事が出来る様になる為に、ライブラリが事前に援助を行う事は重大です。」 ドリアー氏は更に、ビットコイン・エコシステムでのライブラリの重要性について論じた。 「ビットコイン・コアからの開発バブルは、異なった層に依っています。ビットコイン・コアの最上にはライブラリがあり、ライブラリの上には「エンドユーザー可視可能」な全てのビットコイン・サービスがあります。」 ライブラリは適切に管理されなければ開発へのボトルネックであり、何故なら実際的に全てのサービスはこれに依存しているからです。その為、出来るだけ早く利用者の手に詳細を渡す事は重要です。」 ドリアー氏はブレッド・ウォレット(Breadwallet)はライブラリに依るサービスの規定への、少数の特例の中の一つであると追加した。ブレッド・ウォレットはオブジェクティブ-Cでの固有ライブラリを実装した。...

Close