23-04-2017
05:37 am
=

インドネシアのAMLウォッチドッグがイスラム国家とビットコインの関連性を確認




mirror
インドネシア政府はイスラム国家(IS)過激派が国内活動者への送金へと、ペイパルやビットコイン等のオンライン・マネー・サービスを使用している証拠を得たと述べた。

2002年に設立しアンチマネー・ローンダリング(AML)法を執行する独立機関であるインドネシア金融取引報告分析センター(PPATK)の役員は、本日の公聴会で2016年での本機関の取り行いを中心として発言した。

ここで、PPATKの検査検討部門の代表であるイヴァン・ユスチアヴァンダナ氏は、ビットコイン使用が過激派グループによる技術的に洗練された決済手段の選択として関連していると信じている事を述べた。

シンガポールの報道紙ストレイツ・タイムスからの引用によると、イヴァン氏はこう述べている。

「本日はペイパルとビットコインについて述べさせて頂きました。二・三年後には、その他の新しい方法に注目しているでしょう。卓越した物を得ると、更に新しい道を探し始めます。」

PPATKの会長キアガス・アマド・バダルディン氏は、本機関は当局にとって取引の追跡が困難である為に、テロリストはこれら手段を使用していると信ずると追加した。

特に、当局はIS活動者のバラン・ナイム氏がISの仲間内への送金手段として利用している事を報告した。CNNの総計によると2名の民間人が殺傷され24名が傷を負ったジャカルタでの最近の攻撃の背景にナイム氏が居ると当局は見ている。

テロ攻撃への関連性

当局からの情報は提供されていない中、公式文書はビットコインとその他ブロックチェーン基盤のデジタル通貨はテロリスト資金への魅力的な手段となりつつある事の陳述を継続する見込みだ。

2015年のパリ攻撃に続き、例を挙げると、ヨーロッパ連合はビットコインを政府発行貨幣との交換を可能とさせるスタートアップ交換所の管理を向上させる測定を目指した。

しかし、この様な主張を吹き飛ばす証拠がある。

米財務省は2015年の危険評価にて、本技術は乱用される恐れがあるが、ビットコインの不正利用法がどれ程広まっているのかは明確ではないと述べた。

デジタル通貨の卓越性に追加すると、ビットコインはその強力なオンライン・コミュニティーとそれに従う事柄によって、決済手段の広大な選択に対する政府規制へのメディアの注意を運ぶ手段として出現した。

記事:ペート・リッツォ

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
atmicbomb2
早急に成長する8つのビットコイン市場

2016年には殆どの国でビットコイン量が急上昇したが、多数の市場はその他よりも素早い成長を遂げた。ビットコイン・ドット・コムは本年中において最大の成長を遂げた国と通貨を発見する為、全てのビットコイン交換所の取引量を調査した。 日本 日本は中国に続いて国際的なビットコイン交換量の最大第2位である。ビットフライヤーの無料手数料キャンペーンの為に、5月に日本円でのビットコイン交換は米国ドルを大幅に超えた。ブレーブニューコインのデータによると、この交換通貨は日本全てのビットコイン量の50%市場共有を超えた。 ベネズエラ ベネズエラが大きな貨幣供給問題に面する中で、国内でのビットコインへの需要が上がっている。サービコインはボリバーへとその量から最もよく利用される交換所であるが、本交換所は量の履歴を公開していない。 インドネシア インドネシアのルピーはその量からビットコインへよく交換される通貨の第5番位であり、6月にはブロック報酬としての「ハルビング」イベント中に取引が急増している。その後、多数の交換所に渡って比較的力を保っている。 韓国 韓国のウォンは国際的なビットコイン交換量の第6位であり、そして韓国人は国内に渡って大きな数のコンビニエンス・ストアからビットコインを購入する事が出来る。これらのネットワークは韓国ウォンのビットコイン交換量の70%を所持する交換所コービットを利用している。 コロンビア ベネズエラの隣国コロンビアは地域ビットコインの存在を示し始めた。一週間に26ビットコイン取引で今年に始まり、最近では122となっており、この約370の上昇は記すに価するだろう。 マレーシア 最も最近ではマレーシアは最盛期に達しており、地域ビットコイン上で毎週約150ビットコイン値から先週の542まで上昇している。この261%の上昇は、2013年での非常に徐々で低レベルな上昇に引き続いた。 ロシア ロシアのルピーは国際的にビットコインへと最も取引される通貨であり、約半分の量は地域ビットコイン交換所で取引されている。今年は、この交換所は独自で121%の成長を遂げており、毎週量の2,700から5,983まで上昇している。 オーストラリア 複数の交換所はオーストラリア・ドルへのビットコイン交換を許容している。しかし、1月にアイゴット交換所がオーストラリア市場から離れた後に、市場は毎日の交換量3,850から約500ビットコインまで減少した。 記事:ケヴィン・ヘルムス

Close