24-06-2017
08:44 pm
=

インドの報道機関がビットコインへ中傷的な批判




red_light

公知インド報道機関のインディア・トゥデイは、明らかに中傷を目的としたビットコインへの調査的な報告を公表しており、これは理解の欠如やプロパガンダの為であろう。

報告の中で、インディア・トゥデイはビットコインは犯罪者が法律から隠れる為の目的として制作されたとでも言う様に、本質的にビットコインをマネーローンダリングのような不正活動と関連付けた。特にビットコインは犯罪者を匿う中央型団体として描かれた。

報道機関によると、暗号通貨は「非常に広く渡ってマネーローンダーズと犯罪者によって使用されている。」との事だ。本報告は犯罪者が更に不換紙幣、ゴールドや価値を持つ全てを利用する事を無視している様に伺える。

一つの点を述べると、レポーターはビットコイン交換者へと、どの様な人々がビットコインを購入するかについて質問し、これに対して「公表は出来ませんが、全ての種類の人々です。」との回答があった。明らかに、報道機関によると、これの意味は交換者が「全ての種類のブラック市場者を援助している」という意味であり、暗号通貨を利用して「ブラック収益」を保管している。

結論に近づくと、インディア・トゥデイはビットコインがデジタル世界への逃げ道であり、非公開の資産への天国として機能していると主張した。ビットコインは銀行サービスの利用が困難な数百万もの人々を援助し、金融業界の革命を周知の通り行った金融改革は、報告では完全に示されていない。

コミュニティーはどう反応したか

YouTubeビデオのコメント欄の中で、インディア・トゥデイは報告での粗末な報道へと強く批判しており、本プロパガンダは利用者へと勧められている。これはしかし報告に対するコミュニティーの反応では氷山の一角に過ぎない。

ゼブペイの共同設立者は報道へと返答している。ゼブペイ上では、利用者のクレジットカード詳細は交換へ必要とされており、そして硬化や小切手の許可又は追求されなくする為に、取引は銀行チャンネルを経由する。

暗号通貨への争い段階に突入した様に見える。本報道機関は暗号通貨の引き下げを試したが、しかしこれはガンディーによると、次の段階はビットコインの主流な導入を意味するだろうとの事であり、ビットコインを更に力強く成長させると思われる。

記事:フランシスコ・メモリア

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
yellow_room
2016年のビットコイン最大の見出し

2016年はビットコインへともう一つの飾る年となり、そして今年はビットコインが最良の稼働資産として今年を締めくくる憶測へと落ち着き、大量の獲得を得た米国ドルをも凌駕した。 年末記事の趣向として、2016年の5大ビットコイン・イベントという見出しで今年を締めくくりたい。 ビットコインは常に長所を示されているだけではなく、ビットコイン本質としての状態像と、偽名でのコンピューター・プログラマー中本哲史氏によって世に発表された暗号通貨はどの様に一般に認識されているかが描かれた。 オーストラリア人のクレイグ・ライト氏が「智史」だと主張 数学者で脱税者としての疑いがあるクレイグ・スティーブン・ライト氏がビットコインの開発者だと主張する、ビットコインの歴史の中で奇妙な出来事の一つが今年オーストラリアで起きた。 ライト氏がウィアードやギズモードの様な主流出版を運んだだけではなく、中本哲史本人だという事を、中本氏と頻繁に面会していたというギャビン・アンダーソン氏などのビットコイン中枢開発者を認めさせたという新しい視点を論議へと追加した。 現在ライト氏は完全に世間の注目から消えている。 ビットフィネックスのハッキング被害 ビットコインのハッキング被害はビットコイン・エコシステム・ファブリックの一部になった様に伺える。2016年には、率先ビットコイン交換所が破壊的なハッキングの被害を被った。6.000万ドル超を盗難され、2014年でのマウントゴックスの約3.5億ドル相当のビットコイン喪失以来、暗号通貨交換所のビットコインの最大損失を代表した。 ビットフィネックスの公表から数時間後に、利用者はビットフィネックスのアカウントが完全に流出されたという事を主張する為、ビットコイン・ソーシャル・フォーラムを使用し始めた。 記事:ジャスティン・オコーネル

Close