29-05-2017
11:02 pm
=

インドが新規提携でビットコインとブロックチェーン送金を取得




wood mosaic2
インドのビットコイン交換所コインセキュア(Coinsecure)と、中国のビットコイン交換所であるOKコインの分社である国際貨幣送金プラットフォームのOKリンク(OKLink)は、インドにてブロックチェーン技術を使用してのデジタル通貨と不換紙幣送金を可能とさせる。

インド国民はすぐにビットコインと地域貨幣のインド・ルピーにて、新規開発されたブロックチェーン送金プラットフォームを通して世界各地から資金を送受する事が出来る。

ブロックチェーン送金の提供は、手数料を産業平均の3%~5%から比較的安定した0.5%まで下げる見込みだ。

インドは2015年で想定720億ドルを示す国際銀行と共に、世界最大の送金受け取り先である。これは去年で世界中の送金合計の12%を超えている。ビットコイン送金とブロックチェーン上での安価送金がこの国で成功するには、確かに多くの理由がある。

インドのニューデリーで最近行われた国際貨幣送金&決済アジア会議からの公表にて、インドのビットコイン交換所のコインセキュアと新規で開発された国際貨幣送金ネットワークのOKリンクからの役員は、ブロックチェーン送金をインドへ運ぶ新規提携を築いた。

コインセキュアの共同設立者でありCEOのモヒト・カーラ氏はこう述べた。

「送金はOKリンクと称するOKコインによって作成されたネットワーク上で機能します。これは中国、香港、韓国、フィリピンやその他世界各国からインド国民がビットコイン又はインド・ルピーで資金の送金や受金を可能とさせます。」

新規作成されたブロックチェーン・プラットフォームのOKリンクは、コインセキュアがインド国民を本ウェブサイトやモバイル・アプリケーション上でのサービスと繋げる事を目指す中で、送金を促進させる。

当企業は手数料を産業平均の3%~5%から比較的少ない0.5%まで下げると予想している。

今年の初旬4月には、コインセキュアはシリーズA投資ラウンドへの一端として1.2百万ドルを上げた事を公表し、本企業は3000BTCを超える月間取引量と2015年1月にビットコイン交換所を設立してからの増加によって、インドでの率先ビットコイン・プラットフォームの一つである。

現在のインド投機の共同経営者であるOKリンクは、これまでに10百万ドルを上げているベンチャー・キャピタルによって援助されるスタートアップだ。OKリンクは最近アジア圏での5カ国で支払いを提供しており、本スタートアップは今年の終わりには60カ国へと拡大する見込みだ。OKコインを経営するこのOKリンクの分社は、世界で最大のデジタル通貨交換所である。

記事:サムブラジ・ダス

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
blue2
国際銀行がブロックチェーン決済ネットワーク結成の提携を結ぶ

アメリカ銀行、サンタンダーとカナダロイヤル銀行は、本日リップルの分散型レジャー技術を使用する国際ブロックチェーン決済ネットワークを作成する取り組みに参加したと発表した。 ユニ・クレジット、スタンダード・チャーテッドとウェストパック・バンキング・コーポレーションもこの取り組みに加わり、これらは即時的な決済時間でのSWIFT銀行間通信と同様なサービスを行う国際ネットワークの設立を形作る事を目指している。カナダの銀行であるCIBCも更に参加する。 国際決済運営グループ(the Global Payments Steering Group)の初期計画の基本は、国際基準の基本形としての起用を意図している正式基準と、決済処理規則書の作成と管理である。 リップルの新規で採用された戦略的会計部の国際課長であるマーカス・トレチャー氏は、コインデスクとの会見でこう述べた。 「本日の国境間通信はスウィフト(Swift)です。国を通して貨幣を動かす事実上の方法もスウィフトです。これらをリップルで更に向上出来ると考えています。」 トレチャー氏はサンタンダーが5月に公表したような国境間決済ソリューションに関与しており、これは銀行従業員がリップルのネットワークを利用して銀行間での決済を執り行う事を可能とさせる。 このニュースは、本企業の従来の製品拡大へと55百万ドルを上げたという今月初めでの公表に引き続いた。リップルは今日までにベンチャー・キャピタルにて90百万ドル以上を上げている。 バックボーン 現在では、トレチャー氏によると関連する銀行は規定の形成に焦点を置いているとの事。 最初の段階は、銀行が参加へと承認する必要のある契約条件を成立させる基準化契約であり、取引がどのように処理され、どのような情報が交換されるかの詳細を上げる。 次の段階には、多様な銀行が通貨と管轄権の間で交流する事を許容させる「機能性のある基準書類」の作成が関連する。GPSGの優先リストの一番目はこれらの基準を発展させる事であり、そして銀行を支援する行政サービスの作成が次に続く。 サンタンダーの研究開発部の部長であるジュリオ・ファウラ氏は公式文書にてこう述べた。「産業がより良い決済ネットワークを発展させ前進する事への規格と段階の定義に貢献する為に、我々はGPSGに加わります。」 記事:マイケル・デ・カスティロ

Close