27-03-2017
10:22 pm
=

最新ニュース

イングランド銀行が電子通貨は銀行貸出を損なう恐れがあると公言




wood mosaic2

イングランド銀行の金融政策部への副知事であるベン・ブロードベント氏が、本日の演説でビットコインは導入の拡大を得る事は考えにくいが、しかし中央銀行の発行する電子通貨は大きな影響を国際金融システムへと与える事が出来ると論じた。

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスでの論議にてブロードベント氏は、イングランド銀行職員が過去に持ち出した電子通貨と中央銀行の間の発展する関係について特別な焦点をあてた。

本副知事は、ビットコイン等の電子通貨が決済の構造か計算単位として幅広く使用される可能性を否定した。

「ここでの主な点は、ビットコインの重要な開発は口座の代理計算単位ではありません。大きな範囲で考え難い事は、ポンドやドル、又はユーロ以外にビットコインで支払いをするという事は、いわゆる「分散型レジャー」での決済技術を除き無いという事です。

ブロードベント氏は演説の中で、未来の中央銀行発行の電子通貨の予想される特徴と、そしてこの保険が商業銀行システムへと与える影響を議論した。

分散型レジャーを金融システムへと適用する事についても討議し、「分散型の仮想手形交換所と資産台帳」はこの技術を説明する上で最適だろうと公言した。

銀行への大きな影響

ブロードベント氏は、過去に商業銀行へ資産を蓄えた人々は、その資金が中央銀行の援助を受けて保持された場合に、更に取り付け騒ぎを免れると提案した。

一方で、この動きは商業銀行へと影響をもたらすかもしれない。正確に言うと、資金の貸出、又は予期する不安定な資本市場に頼る事なく経営を援助する能力だ。

「それとは打って変わり、銀行から預金を引き出す事はローンを第一に組む能力を損なわせる事が可能です。」とブロードベント氏は述べ、追加した。

「恐慌中に特別な安定を証明しなかった資金源である卸売市場へ銀行は更に依存し、結果として実際の経済への貸出を削減出来る。」

何がこの筋書きを動かすかというと、中央銀行発行の電子通貨の特徴だとブロードベント氏は述べた。

ブロードベント氏は、銀行口座と特徴を共有又は代々の利子を有効にすると、預金者はその他へと資金を移すだろうと示した。

記事:スタン・ヒギンス

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
chart 03-02-at-10.34.11
ビットコイン相場 – 変動率の回復?

本日(3月2日)の15分チャートで、予想変動率を得た場合に対象とする位置の概要を説明する。 ビットコイン価格と日中戦略へと、今週は多少奇妙な始まりになっている。活気の無い様子であり、そして市場へと乗り出す為への主要な予想変動率も、2つ程度の急動を除き全くない。少し狭い4又は5ドル範囲の間の斜め動作は一連の進行を占め、利益への機会を捨て去る事を強要させる。 昨日午後の分析で厳密に強調した事は、我々の範囲をとても幅狭い5分ローソク足チャートへ運び、そしてその代わりに利益の為へと短期的な対象へと設定するという内容だった。しかし本日のセッションでは、幅を多少広め直したい。下降傾斜トレンドラインが15分チャートに現れ、良い勢いを得る為にはこのトレンドラインを崩す事が(技術的な視点から)必要と思われる。 そして上記の事項を合わせつつ、これが予想変動率を得た場合に対象とする位置の概要を説明する本日の15分チャートだ。 チャートが示す様に、本日の日中セッション取引きへの範囲は430値でのターンサポートと434.5でのターン・レジスタンスで明確にされる。これは多少狭い範囲である為に、イントラレンジ取引きは現在停止している。 急動性への視点では、ターン・レジスタンス内の近距離な上位置に、下降を防ぎつつ433値での長期停止という通常の規則が適応される(しかし今回は、赤で強調されたチャネルをエントリーへも合図する為に探している。)。対象は440値だ。 下落を予期する - 短く説明すると、位置上のリスクに影響する425値の対象と431値での停止によって、サポート崩れに面している。多少の変動を本日取り戻す事を期待しよう。 良い取引きを!

Close