26-03-2017
09:13 am
=

最新ニュース

イングランド銀行が固有のビットコイン型RSコインの設立準備




gold_bar
RSコインがイングランド銀行へ約束する事柄とは違い、この概念はビットコインにおける全てと不一致している。

数年間に渡り、銀行やその他の主要金融企業はビットコインと電子通貨のアイディアに対し、「顧客が関わる危険性」の為に反対している。しかし、1年以上前にこれら企業がインフラストラクチャーを活性化させる為に私用ブロックチェーンへと意欲的な興味を示す様になってから、この姿勢は変わった。物事の状態から判断し、数々の銀行は一歩先の事柄に取り組み、そして私有の中央集中型ビットコインのを発行しようと思考している。

しかし、世間で知られるビットコインとイングランド銀行が獲得しようとしている事には、大きな違いがある。

電子通貨の中央集中化は興味深い取り組みだが、しかしその事への実行可能性について多くの疑問がある。電子通貨と分散型レジャーを利用する事で多数の収益があり、そして小売業決済を更に効率的にし、概略的に金融システムを強化する。それに加えて、銀行間での取引がとても安価になる。

率先社の呼ぶRSコインは、不正や偽造が出来ない電子通貨の形態を製作する。元来はユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの2名の研究家によって開発され、このシステムはビットコインととても同様に働くが、しかし更なる中央集中型の管理を供給する。イングランド銀行はこの分散型レジャーを操作する単独団体となり、貨幣供給を管理する事も可能となる。

貨幣供給が2100万に設定されているビットコインとは違い、イングランド銀行は望めば無制限な量のRSコインを発行する事が可能だ。これは無制限の紙幣供給がある為に、2007年の金融恐慌と同様の筋書きを作るかもしれない。電子や実際の形態とは関係なく、中央集中型の貨幣システムは良いアイディアではない。

RSコインをビットコインと比較してはいけない

RSコインがイングランド銀行へ約束する事柄とは違い、この概念はビットコインにおける全てと不一致している。中央集中化という無制限の貨幣供給と、同様の「内部団体」の者達による利用者への資金援助の経営は、現在の金融産業を侵す問題の解決にはならない。

ビットコインとは、現存する金融アクセスや銀行忠順とは関連なく、世界中の誰もが利用出来る分散型電子通貨である。一般が自覚する事に何年もかかるだろうが、このフリーマーケット・モデルは常に中央集中型の威力を切り札にするだろう。RSコインは金融問題への答えではないが、複数の事柄を合理化するに違いない。しかし最終的には、金融での中心的問題である「少数による権力所持」は現存し続けるだろう。

記事:JPバンティンクス

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
wood mosaic
イスラエルのビットコイン大使館の内部を覗く

建築家のアヤル・セゲヴ氏がテルアビブ事務所に「ビットコイン大使館」という看板を下げる前に、それは冗談として始まった。この話はサビン・ブランデス氏によるドイツのジュエディスチェ・アレジメイン(Juedische Allgemeine)での最近の記事中で語られている。CCNは本作品を英語圏の読者用に再構築した(注:ニュースBTCジャパンのサイトではこれを更に日本語へと訳している)。 徐々に数を増やす人々が訪れるようになり始めた。開始されたばかりのビットコイン大使館へと、20名やそれ以上集まる日が多い。 「いつもこのスペースを綺麗にする必要があります。」とセゲヴ氏が思い出し、笑った。セゲヴ氏は大きな事務所を探し求め、そして世界で最も成功するビットコイン大使館の一つである、イスラエルのビットコイン大使館を現在も経営している。 ビットコイン研究家達はここに集まり、殆どはジーンズやスウェット、そしてスニーカーを履いた若者達だ。彼らはここでビットコインについて読む。全員がビットコインを理解してはいないだろうが、しかしそれは出現段階の暗号通貨について学ぶ機会があるので問題はない。毎週日曜の夕方7時には、ビットコイン大使館の代表者とビットコインに興味のある人々が集まり、通貨について議論を交わす。 「何故なら、ビットコインは只の通貨ではなく、全てにおいての信頼と信念システムでもあるからです。」とセゲヴ氏が語る。「貨幣と同様な沢山の問題がある為に、重要かつ不安定です。」しかし、不換紙幣が国家と企業によって管理される中で、ビットコインは分散型なので誰からも管理される事はありません。」 「ビットコインは認識への改革です。」とセゲヴ氏は続けた。 現在のビットコインは、既にインターネット上の只の暗号通貨ではない。暗号通貨の初段階の形成と共に、現在ではそれぞれの特徴と特質を備えた数百の暗号通貨がある。 アサフ氏と称する男性は、イスラエルでビットコインを不換紙幣への代用として使用する事への危険性を明確にしつつ、社会正義の名目での使用と振興をしている。「世界の貨幣界は大きく不平等です。皆が欲しがるので、更に印刷され供給され続けます。貨幣はもう保証準備とは結び付いておらず、その為増化する人々はいつも負債が増して課せられます。」 アサフ氏は、この事はビットコインへと不可能であると続ける。「2100万数以上のコインは永遠にない道へと開発が進むでしょう。現在は約1400万数が存在しますが、次に来る700万で製造が停止されます。」と語る。 ビットコインは2009年に中本哲史という仮名で知られる男性によって作られ、現代の銀行や政府の様な中心的な権力を持たない。名前や身元証明の代わりに、長いアドレスが送金へと使用される。コインは特別なビットコイン・プロトコルによるソフトウェアと、「マイニング」というネットワーク上のコンピューター・プロセスによって採掘される。 イスラエルのビットコイン企業は、世界中で最も活動的なビットコイン・コミュニティの一つを代表している。大使館の前に立ち、大使館の看板の下でビットコイン相場について議論を交わしたり、ウォール街暴落の映画を観る「暗号支持者」のグループを目にする事が多いはずだ。内部の大使館の壁に掛けられた棚には、白いATMがある。これは人々が紙幣を電子ビットコインと交換出来るビットコインATMだ。 「銀行は好きではありません。墜落への恐怖感を持っており、世界中の負債を考えると不安を感じます。なので、公平な世の中を作る為に、何処でも可能であればビットコインを使用します。」とサラ氏と称する女性が言った。 ダークネット上で薬物や犯罪器物の購入が可能な事は、ビットコイン活動の妨げにはならない。アサフ氏が述べる。「薬物に対する現存する戦いが失敗した事は、もう既に秘密ではありません。」 「ビットコインでの決済は、空論と観念論なだけではありません。」と、ブランデスの記事の記者が記述する。この記事はビットコインの使用が振込手数料の値を下げる事を強調する。 「最近ビットコインを使って、エクスピディア上でホテルの予約を取りました。」とアサフ氏が語る。「3%の手数料が無い事を除いて、クレジットカードを使用する事と全く変わりません。」 アヤル氏、アサフ氏とサラ氏はビットコインは将来の通貨になる事を確信しているが、現存する銀行口座や紙幣、そして硬貨は継続して所持している。 「何故なら私達は、」サラ氏が簡潔に述べる。「結局未だに現実の世界に住んでいるからです。」

Close