25-04-2017
02:35 pm
=

イスラエルの税務当局がビットコインを課税収益と見なす




wood mosaic

イスラエル税務当局はビットコイン導入者への税指南を明確にする公式な回覧案を発行した。

先週の公表によると、イスラエル税務当局は収益と見なされる仮想通貨の課税案への提案を発表した。この公表は更に辛辣に当国の中央銀行であるイスラエル銀行を挙げ、これはビットコイン又は仮想通貨を海外通貨として見なさない為に、現存する税率に従って課税されると述べた。

公表された文からの引用。

ビットコインは所得税法令に従い「収益」とし、販売は「資産」の売却として課税されます。これら販売からの所得は資本所得として類別され、資本利得は税率に従い課税されます。
そして、ビットコイン取引やマイニングを労務とする個人の所得は、事業税率を課せられます。

フィナンシャル・マグネッツでの報告によると、翻訳された原案の詳細は大量の課税数を含めた重要な発見を明らかにしている。大まかに述べると、本原案はイスラエルでのビットコイン導入と、個人と事業者の間での使用に向けた障害を最終的に証明する政策を提案している。

例を挙げると、個人利用者は毎回ビットコイン売却の度に、25%の国の資本利得税の支払いを必要とされる。仮想通貨を取引する交換者と事業者は顧客に対して17%のVATの請求を必要とされる。

税損失と共に、企業はビットコイン支払いをサービスへの清算として受け取る事を防止される。報告にて公開する事によると、ビットコインの「通貨」としての位置の欠如は、企業が仮想通貨での決済を受け取る事は、必要な書類事務を行う前に支払いとしてではなく「物々交換」としての分類を必須とする事を意味する。

イスラエルの当国でのビットコイン利用者への課税指針は、世界各国にて徐々に取られる姿勢とは対照的である。例として、日本は国内でのビットコイン買受人上に課せられる8%の消費税率を停止する。オーストラリア政府は現在、国内でのデジタル通貨上に課せられる「二重課税」があるビットコイン取引での消費税廃止を目指している為に、ビットコインが「貨幣」としての扱いが可能であるか議論を行っている。

記事:サムブラジ・ダス

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
mirror
インドネシアのAMLウォッチドッグがイスラム国家とビットコインの関連性を確認

インドネシア政府はイスラム国家(IS)過激派が国内活動者への送金へと、ペイパルやビットコイン等のオンライン・マネー・サービスを使用している証拠を得たと述べた。 2002年に設立しアンチマネー・ローンダリング(AML)法を執行する独立機関であるインドネシア金融取引報告分析センター(PPATK)の役員は、本日の公聴会で2016年での本機関の取り行いを中心として発言した。 ここで、PPATKの検査検討部門の代表であるイヴァン・ユスチアヴァンダナ氏は、ビットコイン使用が過激派グループによる技術的に洗練された決済手段の選択として関連していると信じている事を述べた。 シンガポールの報道紙ストレイツ・タイムスからの引用によると、イヴァン氏はこう述べている。 「本日はペイパルとビットコインについて述べさせて頂きました。二・三年後には、その他の新しい方法に注目しているでしょう。卓越した物を得ると、更に新しい道を探し始めます。」 PPATKの会長キアガス・アマド・バダルディン氏は、本機関は当局にとって取引の追跡が困難である為に、テロリストはこれら手段を使用していると信ずると追加した。 特に、当局はIS活動者のバラン・ナイム氏がISの仲間内への送金手段として利用している事を報告した。CNNの総計によると2名の民間人が殺傷され24名が傷を負ったジャカルタでの最近の攻撃の背景にナイム氏が居ると当局は見ている。 テロ攻撃への関連性 当局からの情報は提供されていない中、公式文書はビットコインとその他ブロックチェーン基盤のデジタル通貨はテロリスト資金への魅力的な手段となりつつある事の陳述を継続する見込みだ。 2015年のパリ攻撃に続き、例を挙げると、ヨーロッパ連合はビットコインを政府発行貨幣との交換を可能とさせるスタートアップ交換所の管理を向上させる測定を目指した。 しかし、この様な主張を吹き飛ばす証拠がある。 米財務省は2015年の危険評価にて、本技術は乱用される恐れがあるが、ビットコインの不正利用法がどれ程広まっているのかは明確ではないと述べた。 デジタル通貨の卓越性に追加すると、ビットコインはその強力なオンライン・コミュニティーとそれに従う事柄によって、決済手段の広大な選択に対する政府規制へのメディアの注意を運ぶ手段として出現した。 記事:ペート・リッツォ

Close