22-11-2017
07:16 am
=

イギリス属領がデジタル通貨への法律を調整




yellow_room
ジャージー政府は過去に公開したデジタル通貨交換活動の進行させている。

イギリス王室属領の権威は、1年前に法律規定を公表する計画を公表したばかりである。当時では、政府代表はニューヨークによって取り組まれたビット・ライセンス(the BitLicence)と類似する完全免許案を回避する要望を表したが、しかし特定サービスの提供者への規定システムと共にだった。

ジャージーの法律規定であるステート・アセンブリーによって9月23日に公表された政府令によると、デジタル通貨交換者として総業するどのような者も、年間の総売上が150,000ポンド以下である場合は規定必要事項から免除される。この令は9月26日に施行された。

ジャージー政府は過去に公開したデジタル通貨交換活動の進行させている。

イギリス王室属領の権威は、1年前に法律規定を公表する計画を公表したばかりである。当時では、政府代表はニューヨークによって取り組まれたビット・ライセンス(the BitLicence)と類似する完全免許案を回避する要望を表したが、しかし特定サービスの提供者への規定システムと共にだった。

ジャージーの法律規定であるステート・アセンブリーによって9月23日に公表された政府令によると、デジタル通貨交換者として総業するどのような者も、年間の総売上が150,000ポンド以下である場合は規定必要事項から免除される。この令は9月26日に施行された。

令によると、「仮想通貨交換のサービス事業者はマネー・ローンダリング・オーダーによって規定される金融サービス事業の部類に入れられる。」

当命令はジャージー政府によって昨年に始められた協議プロセスの結論を反映させている。

当時では、当諸島の副首相である上院議員のフィリップ・オゾウフ氏は「仮想通貨システムは新しく権限を与える技術を代表」し、そして当政府はこの周囲への「適切」な政策を作成する事を期待している。

記事:スタン・ヒギンス

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
nuclear
アメリカ銀行とマイクロソフトがブロックチェーン貿易金融にて提携

アメリカ銀行とマイクロソフトは貿易金融へとブロックチェーン・アプリケーションの開発と試験を行う意図を公表した。 取り決め上の一環として、アメリカ銀行はマイクロソフト・トレジャリー(戦略的事業の投資と取得、そして共同トレジャリー活動と関連する管理処理の責任を担うグループ)と直接取り組み、企業間での取引を促進するブロックチェーン・システムを確立する事を目指す。 公式文書にてマイクロソフトの副社長であるCFOアミー・フード氏は、この動きは更にトレジャリーの危険性を減少させる要求によって動かされていると示した。 フード氏は述べた。 「マイクロソフトを含む世界中での事業は、更なる成長、完成、そして活性化へのデジタル化を実行しており、この変換を突き動かすブロックチェーンへの非常に大きな可能性を見るでしょう。」 当事業は現在プラットフォームがどのように信用状の段階を活性化させるかの試験を行っており、そして本技術のデモは今週ジェネバでのシボス・バンキング(the Sibos banking conference)会議にて公開すると示した。 当公表は貿易金融の活性化と連鎖過程を更に活発させる為、銀行連合R3にて最近での主要な試験と共に、大手金融機関がブロックチェーンを使用する大きな動きの最中に公表された。 このような交流は複数の団体が必要であり、その中で多くはスプレッドシートと書面上プロセスを利用し続けており、この利用例は長く新出技術のアプリケーションの成長分野として見られていた。 記事:ピート・リッツォ

Close