25-09-2017
03:22 pm
=

イギリスとオーストラリアの金融監督機関がブロックチェーン合意書に著名




numbers
イギリス金融行為監督機構(FCA)とオーストラリアの分社であるオーストラリア証券投資委員会(ASIC)は、オーストラリアとイギリスにて改革的なフィンテック企業が、他社を市場へと投入させる働きをする間に金融監督機関からの更なる援助を受けるという、この種で初めての合意書に著名をした。

FCAの戦略と競争部門の課長であるクリストファー・ウーラード氏が述べる事には、

「金融サービスでの開発は国境で制限されておりません…沢山のイギリス企業は、彼らの事業や製品への国際的な出発点の設立へとUKを使用したいと希望しており、更なる持続を予期出来る挑戦者にしています。ASICと共に、当機構は国際的な拡大と、我々の監督する市場への関心がある非UK開発者の援助を視野に入れる認定企業への障害を削減します。」

オーストラリア証券取引委員会の代表であるグレッグ・メドクラフト氏はこう発言した。

「去年にASIC開発中核を設立してから、当委員会は規制条件の指示方法への援助を求めるフィンテック・スタートアップ企業らによる要請にて、急な動きを目にした。特定すると、ブロックチェーン事業のモデルを扱っている。このFCAとの合意がこの地(オーストラリア)とUK双方が障害を取り除き、介入を援助すると信じております。」

このサポートは、規制枠組みと適応方法への理解への事業を援助する、一年間の貢献チーム又は連絡者を含みつつ、いくぶん広範囲に及ぶ。

イギリスでの技術部門は基本的に性急に発展しており、現在では銀行業務との第2位である。ビットコイン、イーサリアムやブロックチェーン関連のスタートアップ企業は下位カテゴリーにあるフィンテック部門に特定され、イギリスでの約£6.6ビリオンとオーストラリアでは一年に$1.3である歳入予定額にて、近年で2倍、3倍、そして多数の部分では4倍となっている。

特記すれば、KPMGにてフィンテックの国際共同主任であるイアン・ポラリ氏によると、「ブロックチェーンとは、金融サービス産業へと多大な可能性をもたらす、新興技術の顕著な例である。」と述べる。

ブロックチェーン技術への投資は、2015年には5000ドル投資の著しい増加で、おおよそ2倍の5億に及び、そして初回のシリーズCは最新のブロックチェーンとビットコイン界にて扱われた。

本質的に高度な受け入れの多い規制環境な事から、国際的なフィンテックの主要都市として最近に任命されたロンドンからの特定注記による。名声高いコンサルティング会社のEYによる最近での報告では、カリフォルニア州での高度開発者と共に、ニューヨークではフィンテックとブロックチェーン関連サービスへの殆どの需要が確認された。しかし、これら企業の規制環境に対して、カリフォルニア州は国際中枢7社中の最後から2番目に評価されたと共に、ニューヨークは最下位として評価された。

記事:アンドリュー・クエントソン

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
lcd_display
ブロックストリーム、ブロク、ジェム、イット・ビット、トムソンロイターズとその他がリンクス・ファウンデーションのハイパー・レジャー計画に加入

2月にビットコイン・マガジンが、リンクス・ファウンデーション(the Linux Foundation)の分散型レジャー・プラットフォームの設立と建築、そして維持する為の全体的な複数産業での様々な利用例を満たす、12月に始まった共同取り組みであるハイパー・レジャー計画が、産業、技術促進と公式オープン管理構造の全体から、新規メンバーを発表した。 現在、ハイパーレジャーのウェブサイトと本企業の主要ウェブサイトにて公表されたプレスリリースにて、ハイパーレジャー計画は重要な主要立場を埋め、そして新規10企業が本計画に参加し、オープン・ブロックチェーン・レジャーの将来へと投資し始めたとリナックス・ファウンデーションは伝えた。10企業は以下の通り、ブロックストリーム(Blockstream)、ブロク(Bloq)、エヴー・デジタル・ラボ(eVue Digital Labs)、イットビット(itBit)、ミリガン・パートナーズ(Milligan Partners)、モントラン・ラボ(Montran Labs)、リビット・ミー(Ribbit.me)、テクラ・クリーク・ホールディングス(Tequa Creek Holdings)、トムソン・ロイターズ(Thomson Reuters)である。 「本ハイパー・レジャー計画は、高度分散型レジャー技術にてこの努力がどう大切なのかを誇示しつつ、毎日の様に指示を獲得しております。」と、ハイパー・レジャー計画での取締役会長に就任した、デジタル・アセット・ホールディングスのCEOであるブライス・マスターズ氏が述べた。「このイニシエティブを前進させる原動力としての産業を統合させる事は、分散型レジャー技術の成功への最重要事項です。リンクス・ファウンデーションと当メンバーは、その他の利益と共に、個人情報保護と拡張性を拡大させるオープンソースのインフラストラクチャー上にて提携しております。」 統治、マーケティングと業務的意思決定を含み、事業方向を管理する本計画の理事会は、SWIFTとイットビットから新しく選出されたメンバーと共に拡大している。 「SWIFTは分散型レジャー技術を発展させる為の幅広い努力にて、この産業を喜んで援助します。」と新規理事会メンバーでありSWIFTの最高技術責任者であるクレイグ・ヨン氏が12月に発言した。「SWIFTの共同性の証明である、協力と共同は拡張性と本技術の導入を確かめる重要点となります。」 「ブロックチェーンを基盤とするソリューションを提供する金融サービス企業として、当社は企業の需要に応じているかを確認する為に、本技術の相違点を埋める必要性を理解しております。」と、新規理事会メンバーであるイットビットの共同設立者でありCEOのチャールズ・カスカリラ氏が追言した。「ハイパー・レジャー計画の様なオープンソース計画は、更なる導入への技術発達と重要な需要を呼びかける為に、世界の率先する企業を結束させています。」 ハイパー・レジャー計画の発達は、分散型レジャー・エコシステムの将来への見解へと止むことなく迅速である様に伺える。特記すると、リンクス・ファウンデーションによる計画への、オープンソースの本質性と見落とし点と明らかに相違するハイパー・レジャーは、銀行によって製作されたビットコイン・ブロックチェーンへの大きな代替の様だ。厄介なP2Pの開放性と一般性と、一般へ開かれたビットコイン・ブロックチェーンの無政府性を除き、分散型レジャーの実際的な優位点である改ざん防止性と、永久的に記録される迅速で安価な取引の保持を希望する銀行が主である。 その他意見と共に専門家は個人的で「許可された」非ビットコイン・ブロックチェーンへの援助を表明した。 「資本市場と保険者を含めた金融機関に利用される為には、ブロックチェーンは匿名性総意へと支払う事なく、安全性、個人情報保護性と速度を保証する制度と共に、ビットコインによって導入された高価な手段に取って変わる必要があります。」と、7月にアクセンチュア(Accenture)の役員2名が公言した。 記事:ギウリオ・プリスコ

Close