20-02-2017
02:19 am
=

最新ニュース

アルトコインがビットコイン最近の獲得を超える




lcd_display2

ビットコインの最近での価値上昇はその他暗号通貨とアルトコインへと拡大しているとの事を、マーケット・ウォッチの報告によると暗号通貨へと情報提供するクリプト・コンペアの最高責任者であり設立者のチャールス・ヘイター氏は述べた。アーク・インベストとイーサリアムは勝者の中の一部である。

ブロックチェーン分析家でARKインベストにて製品開発責任者のクリス・バーニスケ氏は、ビットコインの獲得は中国元の下落により、ビットコイン取引者らが収益への再投資に着目する中で大幅な市場へと突入していると述べた。暗号通貨投資者は典型的に不換通貨よりもその他の暗号通貨へと収益を乗せている。

ビットコインの獲得はアルトコインへと移行

先月にて、ビットコインの時価総額は約4億ドルにまで拡大した。投資家がその他デジタル通貨へと獲得の再投資をすれば、ビットコイン競争者への市場のサイズは2倍になると、バーニスケ氏は述べた。

殆どの交換所は投資家が不換通貨をアルトコインへと交換する事は可能としていない。投資を希望する者はビットコインを最初に購入し、そしてアルトコインへと交換する必要があるとバーニスケは述べる。

イーサリアムが先月で2倍に

コインマーケット・キャップのデータによると、2番目に大きな暗号通貨のイーサリアムは、先月でほぼ2倍に拡大し、水曜には1イーサにつき約6ドルから10.50ドルへと移行した。

イーサリアムは正体不明のハッカーがDAO(地方分権自治組織)から約50百万ドルに相当するイーサを盗難した後に急激に下落した。盗難された資金を回復する為に、開発者はイーサリアム・ブロックチェーンの一部を逆転させる論議的なソフトウェアのアップデートを開発した。イーサリアム投資者の団体はこのアップデート導入に対して反対と拒否をした。その後イーサリアムは、イーサリアムとイーサリアム・クラシックへと二種類のコインへと分割し、これら両方とも先週には平均的な獲得を得た。

セキュリティーがジーキャッシュとモネロを促進

個人情報管理の機能を強化したアルトコインのザッチとモネロは、両方とも最近の数週間にて鋭く上昇した。ヘイター氏は両方の通貨は、ビットコインよりも広範なプライバシー機能をネットワークに搭載していると述べた。

水曜に証券取引委員会は、タイラーとキャメロン・ウィンクレボス氏によって提案されたビットコイン交換取引資金の認証への取り決めを遅らせている事を公表した。停滞とは裏腹に、多くはこの認証が市場へと機関投資家資金の大きな流入を解き放つだろうと信じており、ビットコイン相場を更に高めるだろうと、ジェネシス・マイニングの最高責任者であるマルコ・ストレング氏は述べた。

ウィンクレボスETFへの最終決定は3月に行われる予定だ。

記事:レスター・コールマン

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
wood mosaic
イスラエルの税務当局がビットコインを課税収益と見なす

イスラエル税務当局はビットコイン導入者への税指南を明確にする公式な回覧案を発行した。 先週の公表によると、イスラエル税務当局は収益と見なされる仮想通貨の課税案への提案を発表した。この公表は更に辛辣に当国の中央銀行であるイスラエル銀行を挙げ、これはビットコイン又は仮想通貨を海外通貨として見なさない為に、現存する税率に従って課税されると述べた。 公表された文からの引用。 ビットコインは所得税法令に従い「収益」とし、販売は「資産」の売却として課税されます。これら販売からの所得は資本所得として類別され、資本利得は税率に従い課税されます。 そして、ビットコイン取引やマイニングを労務とする個人の所得は、事業税率を課せられます。 フィナンシャル・マグネッツでの報告によると、翻訳された原案の詳細は大量の課税数を含めた重要な発見を明らかにしている。大まかに述べると、本原案はイスラエルでのビットコイン導入と、個人と事業者の間での使用に向けた障害を最終的に証明する政策を提案している。 例を挙げると、個人利用者は毎回ビットコイン売却の度に、25%の国の資本利得税の支払いを必要とされる。仮想通貨を取引する交換者と事業者は顧客に対して17%のVATの請求を必要とされる。 税損失と共に、企業はビットコイン支払いをサービスへの清算として受け取る事を防止される。報告にて公開する事によると、ビットコインの「通貨」としての位置の欠如は、企業が仮想通貨での決済を受け取る事は、必要な書類事務を行う前に支払いとしてではなく「物々交換」としての分類を必須とする事を意味する。 イスラエルの当国でのビットコイン利用者への課税指針は、世界各国にて徐々に取られる姿勢とは対照的である。例として、日本は国内でのビットコイン買受人上に課せられる8%の消費税率を停止する。オーストラリア政府は現在、国内でのデジタル通貨上に課せられる「二重課税」があるビットコイン取引での消費税廃止を目指している為に、ビットコインが「貨幣」としての扱いが可能であるか議論を行っている。 記事:サムブラジ・ダス

Close