29-05-2017
11:03 pm
=

アメリカ銀行とマイクロソフトがブロックチェーン貿易金融にて提携




nuclear
アメリカ銀行とマイクロソフトは貿易金融へとブロックチェーン・アプリケーションの開発と試験を行う意図を公表した

取り決め上の一環として、アメリカ銀行はマイクロソフト・トレジャリー(戦略的事業の投資と取得、そして共同トレジャリー活動と関連する管理処理の責任を担うグループ)と直接取り組み、企業間での取引を促進するブロックチェーン・システムを確立する事を目指す。

公式文書にてマイクロソフトの副社長であるCFOアミー・フード氏は、この動きは更にトレジャリーの危険性を減少させる要求によって動かされていると示した。

フード氏は述べた。

「マイクロソフトを含む世界中での事業は、更なる成長、完成、そして活性化へのデジタル化を実行しており、この変換を突き動かすブロックチェーンへの非常に大きな可能性を見るでしょう。」

当事業は現在プラットフォームがどのように信用状の段階を活性化させるかの試験を行っており、そして本技術のデモは今週ジェネバでのシボス・バンキング(the Sibos banking conference)会議にて公開すると示した。

当公表は貿易金融の活性化と連鎖過程を更に活発させる為、銀行連合R3にて最近での主要な試験と共に、大手金融機関がブロックチェーンを使用する大きな動きの最中に公表された。

このような交流は複数の団体が必要であり、その中で多くはスプレッドシートと書面上プロセスを利用し続けており、この利用例は長く新出技術のアプリケーションの成長分野として見られていた。

記事:ピート・リッツォ

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
wood mosaic2
インドが新規提携でビットコインとブロックチェーン送金を取得

インドのビットコイン交換所コインセキュア(Coinsecure)と、中国のビットコイン交換所であるOKコインの分社である国際貨幣送金プラットフォームのOKリンク(OKLink)は、インドにてブロックチェーン技術を使用してのデジタル通貨と不換紙幣送金を可能とさせる。 インド国民はすぐにビットコインと地域貨幣のインド・ルピーにて、新規開発されたブロックチェーン送金プラットフォームを通して世界各地から資金を送受する事が出来る。 ブロックチェーン送金の提供は、手数料を産業平均の3%~5%から比較的安定した0.5%まで下げる見込みだ。 インドは2015年で想定720億ドルを示す国際銀行と共に、世界最大の送金受け取り先である。これは去年で世界中の送金合計の12%を超えている。ビットコイン送金とブロックチェーン上での安価送金がこの国で成功するには、確かに多くの理由がある。 インドのニューデリーで最近行われた国際貨幣送金&決済アジア会議からの公表にて、インドのビットコイン交換所のコインセキュアと新規で開発された国際貨幣送金ネットワークのOKリンクからの役員は、ブロックチェーン送金をインドへ運ぶ新規提携を築いた。 コインセキュアの共同設立者でありCEOのモヒト・カーラ氏はこう述べた。 「送金はOKリンクと称するOKコインによって作成されたネットワーク上で機能します。これは中国、香港、韓国、フィリピンやその他世界各国からインド国民がビットコイン又はインド・ルピーで資金の送金や受金を可能とさせます。」 新規作成されたブロックチェーン・プラットフォームのOKリンクは、コインセキュアがインド国民を本ウェブサイトやモバイル・アプリケーション上でのサービスと繋げる事を目指す中で、送金を促進させる。 当企業は手数料を産業平均の3%~5%から比較的少ない0.5%まで下げると予想している。 今年の初旬4月には、コインセキュアはシリーズA投資ラウンドへの一端として1.2百万ドルを上げた事を公表し、本企業は3000BTCを超える月間取引量と2015年1月にビットコイン交換所を設立してからの増加によって、インドでの率先ビットコイン・プラットフォームの一つである。 現在のインド投機の共同経営者であるOKリンクは、これまでに10百万ドルを上げているベンチャー・キャピタルによって援助されるスタートアップだ。OKリンクは最近アジア圏での5カ国で支払いを提供しており、本スタートアップは今年の終わりには60カ国へと拡大する見込みだ。OKコインを経営するこのOKリンクの分社は、世界で最大のデジタル通貨交換所である。 記事:サムブラジ・ダス

Close