22-08-2017
10:35 pm
=

アメリカ合衆国国土安全保障省がブロックチェーンR&Dについて語る




traffic_light

アメリカ合衆国政府の科学技術省は、9月11日のテロリスト攻撃にならってブロックチェーン技術への興味を拡大している。
12月の調査への呼びかけにて最初に明らかになった事は、アメリカ合衆国国土安全保障省(DHS)は6月に出現する技術がどのようにして、アメリカ国境の監視の意味を持つ監視カメラの確証へと利用出来るかを調査するスタートアップを発見するブロックチェーン・スタートアップのファクトム(Factom)へと$199,000の資金を提供したと発表した。

しかしこの計画は特別に物のインターネット(IoT)と情報セキュリティ上に焦点を合てており、DHSデータ個人情報プログラム管理者のアンリ・ジョン氏は、この省がブロックチェーン技術の予想される強みと弱点の両方について更に学ぶ事への調査的な興味を持つと強調した。

DHSの中小企業技術革新研究プログラム(SBIR)元への申請募集を発行した部門からのジョン氏は、DHSの投資を強いられた理由として、ブロックチェーンへの拡大する興味を更に大きく示した。

ジョン氏はコインデスクへと述べた。

「DHS利用例へと、我々が資金提供を行っている本計画は、セキュリティーと個人情報保護がブロックチェーン基盤のインフラストラクチャーによって援助される事が可能だと証明、又は反証する事に焦点を置いております。これはIoTと個人情報よりも更に多様です。」

専務取締役のメリッサ・ホ氏は、データ個人情報保護プログラムへの対照として、ホ氏のグループはファクトムとの提携に導いた目標である、証明の向上へと重点を置く。

「これは非常に優れた取り組みだと思っております。」とホ氏は述べた。「この企業が現存する法人顧客を所持する事を見て、これはとても良い機会だと考慮しました。」

ブロックチェーンとは非関連な投資のその他分野は、ホ氏が述べるには、最近ではDHSの旅行規制システムのオープン・ソース観点とウェアラブルを警察犬部隊に装置させる計画を含めた。これら前例を明確な事実発見を見せる道として利用し、民間部門と共にアイディアを進めている。

開かれた技術

しかしもう一つの議論された疑問は、DHSは閉じて承認されたブロックチェーン、又は開かれた公共ブロックチェーンでの特殊な価値に着目しているのかであるが、本機関は徐々に前者への試験へと賛成しているように見える。

特記する事は、ジョン氏はDHSの見解からすると、どちらの形態のブロックチェーン技術を使用するかは「無関係」であり、そしてどちらも特別な目的へと利益的であると述べた。

公共ブロックチェーンについて、ジョン氏はDHSが、初回の応答者や緊急事態での医者の実績を保管するオープン・アクセス・システムを実論上で持続させる事が出来る筋書きを概要した。

この場合、DHSはこの情報を保持しないが、しかし「州と地区範囲での分散型レジャー」で閲覧可能であれば有益だと、ジョン氏は述べた。

ジョン氏が語った。

「どちらにも興味がありますが、これら要点にたどり着くには、セキュリティーと個人情報保護の側面が証明されているかを知る事が必要です。」

記事:ピート・リッゾ

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
ships
ライブブログ:ビットコイン半減期2016

ビットコイン・ブロックの利益は、この数時間の間で25ビットコインから12.5ビットコインへと減少される。 約4年に一度行われるこのイベントは、マイニング業界での主要な変革を代表し、そしてビットコイン・マイニング・エコシステム上での利益減少でどのような影響があるかを巻き起こしている。 コインデスクは本日のイベントのライブ・ブログにて、最新の予想と意見上への新しい情報を提供する。 「半減期」とは何か? 「ビットコイン利益半減期」という言葉に不慣れな場合でも、おかしくはない。 半減期とは、それぞれの取引ブロックへと作成された新規量のビットコインに、計算された減少を引き起こすように設計されたビットコイン・コードへのイベントである。 現在は、全ての新規ブロックはマイナー(採掘者)へと作成された25ビットコインの利益を与える。420,000番目のブロック後に、この量は12.5ビットコインへと減少する。 ビットコイン半減期ライブ・ブログ

Close