26-03-2017
09:12 am
=

最新ニュース

みずほ銀行がデジタル通貨サービス提供に力を入れる




maxresdefault
みずほ銀行はIBM日本との提携での原型デジタル通貨の試験の後に、可能性のある顧客対応サービスに力を注いでいる。

本プロジェクトは6月に初めて公表され、日本銀行とIBMの地域支店による1ユニットが1円と同等なデジタル通貨試験を経た。

日経によると、本イニシアチブは7月と9月の間に実行され、 接待経費の情報を提供し基準の原型貨幣として使用されたアプリケーションに焦点を置く。

三菱 UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)を含む日本金融機関は、過去にデジタル通貨概念の試験を行っている。更にみずほ銀行は2月から多様なアプリケーションとの実験を行った。

 

更に今年では、個人銀行のグループがブロックチェーンを経由しての銀行間支払い試験を取り行い、その結果は先週に発表された。

みずほ銀行の率先により、目標は銀行が処理監視機能の向上と資金移動に関連付く経費の削減が可能であるかだった。

発表時にIBMが述べた。

「安全な環境で円と一対一の取引を行う独自の仮想通貨を利用する事が、より良い追跡と資金交換の管理、そして書面上通貨の交換に関連する経費の削減の提供を可能とさせるでしょう。」

日経によると、みずほ銀行は IBMに支援されるデジタル通貨試用が顧客への新しいサービスへと導くかの評価を計画しているとの事だ。しかし、セキュリティーの懸念はこれらの審議の中で役割を演じると伝えられている。

 

記事:スタン・ヒギンス

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
trump
トランプ氏就任により2017年にビットコイン価格が$2000を超える可能性

デンマーク拠点のサクソバンクによる報告は、トランプ大統領新任から誘発される経済への刺激によって、ビットコイン価格が165%増加の$2000以上へと上がるだろうと主張した。このビットコイン急増の展望は、サクソバンクの10つの「2017年の誇張された予想」の中の一つである。 中央銀行は質的暖和とマイナス利子率を断念しようとしている様に見えるが、しかしCIOのスティーン・ヤコブセン氏によると、資本と貨幣相場の割り当てへの介入と歪曲との終結からは遠いとの事だ。 これはサクソバンクの2017年への公式な展望ではなく、 本企業が報告にて 記述した事だが、しかしこの催しと市場移動は「通常からすると極端」だと判断している。 財政支出景気が予測される トランプの約束する財政支出景気は約20兆ドルの米国国債を追加すると予測され、現在の米国予算の赤字を約6,000億ドルから1.2兆ドル、そして1.8兆ドルまでの3倍にした。この出費は米国の成長とインフレーションを大幅に増加させ、連邦準備制度の引き上げ加速を促進させて米国ドルを新たな高みへと上昇させるだろう。 これは中国などの登場する市場でドミノ効果を作り上げ、国債的に人々を中央銀行に結びついていない代替通貨と決済システムの模索へと導くだろう。中央銀行は完全に金融抑圧傾向のある疲弊した財政政策に従事している。   暗号通貨を「留める」 法定不換紙幣と過剰債務の中での歴史的な流行りと広がりから見ると、暗号通貨は留まると報告は述べた。特にビットコインはこの混乱から利益を得る。 銀行制度やロシアと中国等のその他国家が、ビットコインを米国通貨と従来銀行業と決済制度の部分的な代用としての認証へと動くと、ビットコインへの限りある供給の希薄化が不能であり、どの様な処理経費よりも低くないブロックチェーン分散型システムが、国際的に更なるけん引と受容を獲得する為に、来年ビットコインの価格は容易に現在の700ドルのレベルから2,100ドルとそれ以上まで3倍に上がるだろう。 銀行制度への従事から離れるという登場する市場権力の要望は、更にブロックチェーン技術への乗り込みに非常に合致していると報告は記述した。銀行はブロックチェーン基盤決済システムの導入を継続するとしており、ゼロ金利と市場関連的リスクの減少に順応する中で支持者を獲得する事を予測している。   記事:スティーン・ヤコブセン

Close