20-02-2017
08:03 pm
=

最新ニュース

「ビットコインでメッセージを送ります」とスイス市長が述べる




mirror
それは5月初めに、スイスの街ツークが市議会を開催した際の事だ。議会の最後に、ビットコインは主要プログラムの一部である、自治体サービスへの支払い有効手段として認証された。

ツーク湖の淵にある美しく穏やかな街のフィンテックに友好的なツークは、5月に世界ビットコイン認証において初の自治体、又は地域的な区別を得た後に表題を表した。暗号通貨は市議会から、主要プログラムの一部として許可され、公営サービスへの暗号通貨での支払いを導入者と利用者へ可能とさせた。このプログラムは7月1日に実行された。

市議会の動きに従った考慮されるマスコミ報道は、ツーク市長のドルフィ・ミュラー氏を驚かせた。ツークは既に、暖和された管理と規定と共に、開発へ友好的として世論を集めた。それでもミュラー氏はビットコイン公式文面の中で、特にドイツ報道機関ドイチェ・ヴェレ(Deutche Welle)へと引用を帰した。

ミュラー氏は述べた。

ビットコインでメッセージを送ります。我々ツークの者は未来技術の正面から退きたいと望んでおります。

この主要プログラムは、市議会が200スイス・フランに相当するビットコイン決済の制限を当初から行う。この制限はビットコイン評価から来る変動率によって存在すると、ムラー氏は述べる。この街は暗号通貨を受け取り次第直ぐに、ビットコインをスイス・フランへと換金する交換を利用している。

「それがこの交換所の役割であり、多額のナノセカンド損失から救います」とミュラー氏は追加した。

更にツークは、世界で最も低価な税体制の一つとして知られており、日用品が頻繁に交換される世界交換の経済中心となっている。世界のガソリン、原油、又は精製油の約3%がツークや隣町のバール経由で取引されている。この2つの街は、既にフィンテック企業20社の拠点となり、「クリプト・バレー」という顕著な名を獲得している。

この主要プログラムは2016年末まで運営される。市議会によってビットコインの認証を持続する意向が決定される前に、分析と報告は暗号通貨の認証の可能性と反応を図る。

記事:サムブラジ・ダス

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
blue2
ジョン・マカフィー率先企業が水力によるビットコイン・マイニング運営を設立

サイバー技術のポートフォリオ拡大を目指すMGTキャピタル・インベストメントは、ワシントン州中部でビットコイン・マイニング運営の設立を確立した。本企業は処理力で2以上のペタ・ハッシュを生成する設備を確立する為に、低予算の水力が得られる場所を確保した。 本企業はプレスリリースにて、この設備は8月1日までに完全に運営可能となり、そして10ペタ・ハッシュ近くまで拡大出来ると示した。MGTキャピタルは暗号通貨のマイニングで国内主導者になる事が可能だと確信している。 MGTキャピタルは、サイバー・セキュリティーの草分けとして認知されており、以前のリバタリアン党の大統領候補であるジョン・マカフィーによって引率されている。この投資企業は、最近ビットコイン界で最もよく知られる人物2名、顧問として務める予定のエリック・ヴォーヒース氏と、顧問委員会の会長を務める予定のロジャー・ヴァー氏の名前を挙げたと、CCNは過去に報告した。 ビットコインに期待出来る時期 16ナノメートルASICチップとのビットコインとその他デジタル利益の相場環境は、素晴らしい収益域を保持する機会を作る。 MGTは既に、製造ソフトウェアの最適化を可能とさせる100テラ・ハッシュ運営を試行している。本試行は更に、収益性のあるマイニング運営の設立と管理の経験を企業へと提供した。 ビットコインを発足してから複数の構築を主導後に、収益域の最大化での確立されたスキルを運んだロバート・コラゾ氏は、本ベンチャーの率先者として名前を挙げられた。 内部マイニング運営の所持は、登場する数々のブロックチェーン技術への処理能力をMGTキャピタルへと提供する。本企業は、取引処理へと膨らむ需要の為に、マイニング設備をブロックチェーンを超える課業へと転換させる事が出来る。 処理需要の拡大 「ブロックチェーン基盤の未来のサイバー・セキュリティー製品への需要に応える為には、MGTは多くのASICコンピューターを必要とするでしょう。」とMGT経営執行役会長でCEOのマカフィーは述べた。「我々の公表戦略は、マイニング・コンピューターは完璧にこの課業へと適しており、本社製品の将来の収益流通を援助する為に、非常に高速度であるこれら機械の動力処理を活用するまで大きなROIを稼ぐ事が可能な為に、特に費用効果があります。 MGTキャピタルに主導されるマカフィーと共に、本企業はスマートフォンやタブレットなどの、個人のモバイル機器への保護技術を通してサイバー警告を表す事で、位置を確立している。MGTキャピタルは、匿名ファイル共有ソフトウェアのプロバイダーであるデーモンソウ(Demonsaw)とスパイ対策ソフトウェアのD-ヴァシヴ(D-Vasive)の取得の経過途中である。 MGTキャピタルはD-ヴァシヴの取得後に、「ジョン・マカフィー・グローバル・テクノロジーズ(John McAfee Global Technologies)」へ社名を変更する計画を立てている。 記事:エリオット・マラス

Close